会長挨拶

 日本社会福祉系学会連合は、社会福祉学系学会20団体で組織しています。主な活動は、日本学術会議社会学委員会社会福祉学分科会への協力、日本の社会福祉系学会の活性化、交流と連携、研究条件向上のための社会的活動などです。加盟学会会員のみなさまにもぜひこの組織が構成されていることをお知らせ頂きたいと思います。
 以前は、日本学術会議に社会福祉・社会保障研連(学協会)が組織されていたことから、学術会議委員は関係学会から選出していました。しかしながら、日本学術会議の改変に伴い、会員の選出方法が変わりました。このように社会福祉・社会保障研連(学協会)を引き継ぐ組織として存続していることになります。
なお連合の事務局は、日本社会福祉学会が担当しています。

2016年6月1日
日本社会福祉系学会連合会長 黒木保博