学会賞

第1回~第5回 学会賞一覧

学術賞 奨励賞
第1回 髙石史人『仏教福祉への視座』永田文昌堂,2005 ランジャナ・ムコパディヤーヤ『日本の社会参加仏教-法音寺と立正佼成会の社会活動と社会倫理-』東信堂,2005
第2回 該当なし 該当なし
第3回 長谷川匡俊『戦後仏教社会福祉事業の歴史』法蔵館,2007 長上深雪『現代に生きる仏教社会福祉』法蔵館,2008
大久保秀子『「浅草寺社会事業」の歴史的展開』ドメス出版,2008
第4回 該当なし 該当なし
第5回 宮城洋一郎著『宗教と福祉の歴史研究-古代・中世と近現代』2013年3月 株式会社 法蔵館 藤森雄介著『仏教福祉実践の轍』2014年3月 淑徳大学 長谷川仏教文化研究所
浄土宗総合研究所仏教福祉研究会編『浄土宗の教えと福祉実践』2012年5月 ノンブル社


日本仏教社会福祉学会
第6回学会賞要項

  1. 学会賞創設の意義と目的
    創立40周年を契機に、仏教社会福祉研究の一層の発展を図るため、学会員のうちで顕著な研究業績をあげた者の顕彰、および若手研究者の研究奨励を目的とする日本仏教社会福祉学会、学会賞を創設する。
  2. 学会賞の種類
    創設の目的にてらし、学会賞は次の2種とする。
    1. 学術賞
      学会員のうちで顕著な研究業績をあげた者の顕彰
    2. 奨励賞
      学会員のうちで今後の研究の発展が期待される者の奨励
  3. 審査の対象
    • 平成27年1月1日から平成29年12月31日までに発表された研究業績を対象とする。
    • 学術賞については原則として刊行された著作物(単著・共著・編著等)を対象とする。
    • 奨励賞については著作物のみでなく、論文(共同執筆を含む)および共同研究成果物(報告書等)も対象とするが、共同執筆の場合は主著者であることを条件とする。
    • 対象となる論文は、共著の一部、学会誌、各大学の紀要、海外の専門誌などに掲載されたものとし、外国語のものを含むものとする。
  4. 審査の手続き
    学会賞の審査のため、研究担当理事を含む数名で構成する審査委員会を置く。審査委員の任期は3年を1期とし、2期を越えないものとする。審査を円滑に行うため、自薦、他薦を含め、広く学会員からの推薦を募る。
  5. 授賞式
    授賞式は平成30年度の学会総会において行う。
  6. 経費
    各賞に贈る賞金額を含む必要経費については、学会財政の状況を勘案し、寄付を募るなど引き続き検討する。
  7. その他
    当分の期間、学会賞の募集および審査・受賞は、3年毎の実施とする。

研究助成

ただいま準備中