年報・書籍

■ 年報

『日本仏教社会福祉学会年報』

B5版
製本 株式会社白峰社
販売 不二出版株式会社
定価2,500円+税

購入希望の方はこちらをご覧ください。
販売元
不二出版株式会社
〒112-0005 東京都文京区水道2-10-10
TEL:03-5981-6704
HP:http://www.fujishuppan.co.jp/

『日本仏教社会福祉学会年報』48号(2018年3月)目次

〔日本仏教社会福祉学会五十周年慶讃音楽法要〕

代表理事挨拶
祝辞

〔五十周年記念大会〕

基調講演「学会五十年の学びと今後の課題―キリスト教社会福祉の歴史的展開にも学びながら―」
日本仏教社会福祉学会代表理事 長谷川匡俊

〔五十周年記念大会 大会シンポジウム〕

「仏教社会福祉の展望と課題」
シンポジスト
 日本仏教社会福祉学会会員 長崎陽子
 日本仏教社会福祉学会会員 宮城洋一郎
 日本仏教社会福祉学会会員 石川到覚
コーディネーター
 日本仏教社会福祉学会会員 池上要靖
特別コメンテーター
 日本仏教社会福祉学会名誉会員 中垣昌美

〔平成二十八年度日本仏教社会福祉学会大会概要〕
〔事務局報告〕
〔日本仏教社会福祉学会役員名簿〕
〔編集後記〕
〔会則・璽事会規程〕
〔『日本仏教社会福祉学会年報』既刊号総目次・投稿規程〕
〔図書紹介〕

坂井祐円著『仏教からケアを考える」
同朋大学大学院 人間福祉研究科臨床心理学専攻教授・臨床心理士 目黒達哉

〔研究ノート〕

「仏教系幼児施設における生命尊重の心を育む動物介在活動―移動動物園の活動事例を中心に―」
日本女子体育大学 百瀬ユカリ

〔研究論文〕

「高齢者施設における宗教的な関わりの評価及び普及の可能性―仏教関係の介護老人福祉施設での調査を通して―」
尚絅大学短期大学部 河村諒

■ 年報バックナンバー目次(PDF)

『日本仏教社会福祉学会年報』既刊号の総目次は以下から確認できます。

『日本仏教社会福祉学会年報』既刊号総目次(2018年版)pdf

■ 書 籍

日本仏教社会福祉学会編
『仏教社会福祉辞典』 2006年3月

A5 369頁
法蔵館 定価3,500円+税

社会福祉の諸問題を仏教の教えと実践の視点から問い直す、本邦初の本格的な辞典。
福祉用語や日常語に仏教の原点を見出すほか、主要な仏教社会事業家や施設・団体についても立項。 福祉の実践現場で心得ておきたい368項目を厳選している。
巻末には索引4500項目を付す。

日本仏教社会福祉学会編
『仏教社会福祉入門』2014年3月

A5 210頁
法蔵館 定価1,800円+税

貧困・差別・障がい・老い・子育てから高齢者福祉まで―。
仏教社会福祉は、現代のさまざまな社会問題にどう応えるのかを、仏教社会福祉の原理と歴史、担い手と実践の視点で平易に語る。
仏教社会福祉学における、初めての入門書。
上掲の『仏教社会福祉辞典』と併用することで、より効果的に仏教社会福祉の世界を学ぶことができるようになる。

≪目次≫

プロローグ
第1章 仏教社会福祉とは何か
 1-1 仏教と社会福祉のかかわり
 1-2 仏教社会福祉実践を支える仏教的人間観
 1-3 仏教社会福祉の対象
 1-4 現代における仏教社会福祉の役割
第2章 仏教社会福祉のあゆみ
 2-1 福祉実践に邁進した先人たち
 2-2 近代における仏教社会事業の隆盛と特質
 2-3 戦後における仏教社会福祉の再生と展望
第3章 仏教社会福祉の支援と担い手
 3-1 相談支援の担い手
 3-2 子育て支援と担い手
 3-3 介護ケアとその担い手
 3-4 臨終ケアと担い手
 3-5 地域福祉実践と担い手
 3-6 仏教ソーシャルワークの可能性
第4章 現代に生きる仏教社会福祉
 4-1 人間解放と仏教社会福祉
 4-2 いのちの輝きに生きる暮らしと仏教社会福祉
 4-3 いのちのつながりにもとづく高齢者の福祉
 4-4 いのちを育む子どもと家族の福祉
 4-5 障がいを支える仏教社会福祉
 4-6 共に支え合う仏教司法福祉
 4-7 世界に開かれた仏教社会福祉
 4-8 共に生き共に創る地域福祉
エピローグ 仏教社会福祉の課題と展望
仏教社会福祉を学ぶ人のための主要参考文献
索引

購入希望の方はこちらをご覧ください。
販売元
法蔵館
〒600-8153京都市下京区正面烏丸東入
TEL:075-343-0458
HP:http://www.hozokan.co.jp/